今知っておくべき薬局のM&Aについて解説します

近年、調剤薬局業界でM&Aの動きが活発になっている……とよく言われていますが、そもそもM&Aとは何でしょうか。一言でいうとM&Aとは企業の合併と買収であり、調剤薬局業界でいう場合の多くは、大手の調剤薬局会社が中小或いは個人経営の調剤薬局を譲り受ける形となります。これは互いにメリットがある為に成立、今も多くのM&Aが行われている訳ですが、その理由は大きく分けると、「譲渡企業側の経営難と地域需要」問題と「譲受企業側のマーケット開拓と人員確保」問題がそもそも存在し、M&Aを行う事でその両方を解決できる為です。詳細は後程詳しく解説しますが、現状のままでは経営が上手くいかなくなる調剤薬局は多く、譲受出来るだけの資金的体力のある企業は限られている、という点が、今、調剤薬局業界でM&Aが活発になっている理由でしょう。

調剤薬局業界のM&Aの理由:譲渡企業側の経営難と地域需要

調剤薬局業界におけるM&Aが活発な理由の片方、譲渡企業側の経営難と地域需要ですが、これはそもそも調剤薬局の利益を上げる仕組みに理由があります。というのも薬剤師1人当たりが出せる処方箋枚数は決まっており、薬の価格も国によって制定され、しかも近年価格が下がってきています。その為人員の増加をしなければ売り上げを伸ばすことは実質不可能なのですが、薬学部に通う学生は大きな企業に入社したい、という考えが多数派です。そのため人員を増やすことが出来ないどころか後継者も危うい状態なのですが、大抵地元に密着した調剤薬局は同じく地域に密着した医師と繋がりがあり、また長年地域の人々と付き合ってきた事から紙面に載っていない大切な情報を知っています。故に、後継者がいなくても調剤薬局を存続させられるM&Aが注目を集めているのです。

薬局業界のM&Aの理由:譲受企業側のマーケット開拓と人員確保

調剤薬局業界におけるM&Aが活発なもう片方の理由、譲受企業側のマーケット開拓と人員確保ですが、これは前の段で触れた譲渡企業側の問題と丁度対を成します。というのも大手企業であっても利益の事を考えれば人員を軽々に増やす訳にもいかず、また近年の薬剤師不足の中でのんびりと育成している余裕もあまりありません。そして新規店舗を出そうと思うと、その周囲の病院や住民の世帯、良くはやる病気などを調べる必要があり、これらにはバカにならないコストがかかります。そこで何年も地域に根を張って営業していて、地元の病院とも太い繋がりのある企業を買取・合併すれば、熟練の薬剤師が即戦力として雇用できるほか、過去何十年分と言う顧客データや病気の流行り方の傾向と言った、調剤薬局を経営するうえで大変貴重なデータや繋がりが纏めて手に入ります。また即戦力が増えるという事は、その分だけ育成に携われる人員が増えるという事でもあります。