自分の健康のために知っておきたい薬局のM&A

調剤薬局のオーナーが引退を考えた時に調剤薬局をどのようにするか考えます。これらの選択肢から選ぶことが考えられます。1.親族への承継は、オーナーの子供か親族の中の誰かに事業を引継ぐ選択肢です。一般的な事ですが、最近は親族への承継が難しく、例えば子供がいないなどがあります。2.親族とは関係ない、後継者候補を作り事業を引き継いでもらう方法です。3.株式上場、上場することで個人保証や担保提供の必要性がなくなります。ですが、個人の調剤薬局において上場することは難しいです。4.廃業は従業員や医師、利用されている住民の方にとって多大な影響をもたらします。オーナーにとっても清算するための費用が発生し赤字になってしまう事が多いです。どれもオーナーや事業を承継する人に負担があります。調剤薬局M&Aは上記選択肢の問題点を解決しつつ、しっかりと事業を引き継いでいくことができます。

顧客側にもメリットがあるのです。

個人・小規模経営から、小規模・大手の経営変われば在庫管理や支店間による連携が容易になります。そのため無駄な在庫持つ事がなくなり適切な処方が可能になり顧客側の金銭的な負担が減ります。大手企業は資本力で、最新のシステムを導入すれば業務も効率化され、スピード化が図れば正確なうえスピーディな処方ができる為、顧客にとっても負担になる待ち時間が減ります。また、調剤分野以外の事業を行うことも可能になるので、さらに地域に密着した店舗になるでしょう。大手企業は色々な面で影響力を持っている為、今まで以上に専門知識を持つ薬剤師を雇うことが可能となるため顧客への対応の質も良くなるでしょう。どんな薬に対しての質問も大丈夫です。調剤薬局M&Aを行うことで良い譲渡ができれば、今まで以上に地域にとって必要な店舗になる事でしょう。

大きく分けて3つのデメリットがあります。

地域に密着したお医者様にとって、地域とのつながりが深い為に調剤薬局との繋がり方をしっかり理解しておかなければ、医師からの理解を得られない可能性があります。普通、調剤薬局でM&Aを行うことは、従業員にも内密に進められます。そのため、全てが決まったあとに初めて譲渡されることを知ります。相手先がどんなに良くても、従業員の不安や困惑は直ぐになくなることはありません。従業員を理解して不安や困惑をいかに解消していくかが譲受企業にとって重要になります。業務をこれまで通りに円滑に進めていくためにもしっかりと引継ぎを行う必要があります。交渉中・M&A契約成立後に何らかのトラブルが起きる可能性もあり、必ずしも成功するわけではないことを理解しておくことが大切です。相手先を探すのはその後の業務が円滑に行われるよう考え、しっかりと行う必要があるでしょう。しかしながら理想的な相手先が探し出せない場合もあります。