薬局におけるM&Aメリットデメリットのまとめ

調剤薬局の業界は、近年では企業全体が再編しているピークでもあり、M&Aがさまざまなところで活発に行われています。この業界では全体の9割以上が、中小の企業であるということで、さまざまな競争も行われる中、少しでも企業を強くて安定させていくためにも、調剤薬局のM&Aが必要とされて需要が増えたことが、近年件数が増加している大きな原因のひとつです。このままの状況がまだしばらくは続くという意味ではさらに加速度を増していくことでしょう。また個人で経営をされている方も多いですので、他の店舗と一緒になることで体力を強めることができたり、将来に向けての経営戦略のひとつになっていくメリットがM&Aにはあります。反対に吸収されてしてしまったり、傘下で条件などが悪くなってしまうこともデメリットであるでしょうから、見定めていくことが大切です。

政策の流れが薬局におけるM&Aを加速させる

薬価改定とは、国が医療費にかかる薬価の価格を下げることで、国にかかっている医療費の割合を減らす施策として打ち出され、政府がこの薬価改定を決めましたが、薬の単価が下がることは売り上げに直結しますので、中小や個人での子規模な経営している調剤薬局ほど打撃を受けやすく、その流れを乗り切るのが難しいのが現状です。そのため中小や個人での 経営者ほど、M&Aに踏み切りやすい状態と言えますし、このような経営者がこの業界の9割をすでにしめていることによって、多くのM&Aが活発にされている業界になってしまっています。合併をすることによって、経営母体が安定して、薬価改定による経営難を乗り切れるメリットはありますし、今まで培ってきた営業能力なども共有することでお互いのスキルを一緒に引き上げていけるので良い面もあるでしょう。

未来の安定のためにM&Aは薬局には必要なこと

薬価改定は毎年あるわけではなく、2~3年に1回ほど実施されてきましたが、この改定のペースは早まる傾向がありますので、この先を考えると、未だM&Aへと踏み切っていない経営企業も、さらに踏み切ることが想像できます。2022年以降は、年1回の改正とも言われていますので、中小企業や個人経営の調剤薬局の経営は、ますます苦しくなっていくことを考えますと、早い段階で条件の良いM&Aへと踏み切れる方が安定した経営ができるメリットはありますし、これを予測して今の内からM&Aを計画して手続きを進めている調剤薬局も実際には増えているのです。今後も安定した経営を続けていくためには、必要なことと言えるでしょう。消費者にとっても安定した経営をするところはサービスが行き届いていたり、サポートが充実していることが多いですので、そこにもメリットがあると言えます。