試作品

  • ボルト一本からでも受け付けている業者もある

    機械設備の特殊部品が直ぐ手に入らない時に強い味方! 製造メーカーにとって、生産設備の保守メンテナンスは常日頃から行っています。ですが、急に故障してしまい、故障個所に特殊な部品が使用されているもしくはメーカー受注品という場合、修理完了まで時間が掛かります。ですが、3dプリンターなら金属部品の製作も可能であり、設計図面を専門業者に提出し依頼することで短期間で部品調達が可能です。 機械部品は、汎用品から特殊設計品と様々であり、金属材料も多種多様です。3dプリンターによる部品製作は短納期だけでなく、応急修理部品を安く手に入れる…

    » 続きはコチラ

  • 3dプリンターならデータの修正も難しくない

    3dプリンターで金属を加工するなら専門業者に依頼しよう 製造業を中心に注目されている3dプリンターはコンピューター上の設計図を元に立体造形することが出来る最新のプリンターです。素材も樹脂から金属までと対応している素材も増えて来て鋳造など一昔前までは不可能だった形を細かいところまで作り出すことが出来ます。 3dプリンターを使用することで一番期待できることがコスト低減です。材料費に関してはかかりますが作成する人件費や物流など様々なコストをカットすることが出来ます。少量生産で3dプリンターを使用したい場合は、専門業者に依頼す…

    » 続きはコチラ

  • 型の作成コストが浮く

    試作品での金属加工は3dプリンターで 金属部品の生産に当たり、製品を作成する前に試作品を作成するケースは多いかと思います。しかし、試作品は少量しか作成しないことから、従来の金属加工の工法だと型を造る必要があるなどの理由により、コストが掛かってしまうことが悩みの一つでした。そこで、そんな悩みを解決するために紹介するのが3dプリンターによる金属加工です。 3dプリンターを使用した金属加工は粉末の金属にレーザーを照射することで金属を焼結することで金属を成形していきます。そのため、3次元のCADデータなどの設計図があり、3dプ…

    » 続きはコチラ