3dプリンターならデータの修正も難しくない

3dプリンターで金属を加工するなら専門業者に依頼しよう

製造業を中心に注目されている3dプリンターはコンピューター上の設計図を元に立体造形することが出来る最新のプリンターです。素材も樹脂から金属までと対応している素材も増えて来て鋳造など一昔前までは不可能だった形を細かいところまで作り出すことが出来ます。
3dプリンターを使用することで一番期待できることがコスト低減です。材料費に関してはかかりますが作成する人件費や物流など様々なコストをカットすることが出来ます。少量生産で3dプリンターを使用したい場合は、専門業者に依頼することがおススメです。専門業者に依頼した場合、問い合わせをし3dデータを送ると加工はどうしたいのかなどの様々な打ち合わせを経て見積もりがでます。もちろん小さな物一つからでも対応していますので試しに作ってみたいといった場合にも便利です。また素材もアルミニウムやステンレス、銅やチタンなどと幅広い金属に対応していますので、想像しているそのものが出来上がる事と思います。
このように3dプリンターを利用することで今まで出来なかったことや細かくて苦労していたことなどが簡単に出来るようになります。今後も様々な業種やご家庭までと今後の展開が楽しみなプリンターです。

金属部品でも作れる3dプリンターのメリットとは?

最近、製造業で注目を集めているのが3dプリンターです。この3dプリンターはこれまで樹脂のものを中心に製造できましたが、最近では金属部品でも作れるようになりました。では、この金属部品でも作れる3dプリンターのメリットとはいったい何でしょうか。
まず、最初のメリットは金属部品でも3dプリンターで作れるので、試作品などの作成コストを削減することができるという点です。金属製品の場合、試作品でも製作するためには金型というものを作らなければいけません。金型を作るだけでもコストと時間がかかりますが、3dプリンターならば金型が不要ですのでその分のコストを削減できます。
さらに2つ目のメリットは時間です。先ほどの通り、試作品を作る際には金型を作ってから製品を作るという工程ですので、どうしても時間がかかります。しかし、3dプリンターならばデータを読み込ませれば、あとはプリンターが動くだけで試作品が実際に形となってできてきます。もちろん、試作品の修正などもデータを直してまたプリンターを動かせば済みますので、時間をかけずにすばやく試作品を作り、それを改良させていくことができるのです。
金属部品でもできる3dプリンターの登場で、これからさらに取引先から依頼された新製品の開発技術の向上とスピードアップにつながると期待できます。