型の作成コストが浮く

試作品での金属加工は3dプリンターで

金属部品の生産に当たり、製品を作成する前に試作品を作成するケースは多いかと思います。しかし、試作品は少量しか作成しないことから、従来の金属加工の工法だと型を造る必要があるなどの理由により、コストが掛かってしまうことが悩みの一つでした。そこで、そんな悩みを解決するために紹介するのが3dプリンターによる金属加工です。
3dプリンターを使用した金属加工は粉末の金属にレーザーを照射することで金属を焼結することで金属を成形していきます。そのため、3次元のCADデータなどの設計図があり、3dプリンターに収まるサイズであればどのような形も作成することが可能です。また、型の作成が不要なため、型の作成に関わるコストを削減することが可能であり、その分安価に金属加工が可能になります。そして、修正する場合も設計図を修正すればよいため、型を新たに作る必要がなく容易であまりコストも掛かりません。
ただしこのように便利な3dプリンターによる金属加工ですが、3dプリンターの本体価格が高いため、独自で3dプリンターを導入することは頻繁に試作品や小ロッドの金属加工を行うのでなければ現実的ではありません。そのため、試作品作成の際は3dプリンターで金属加工してくれる業者に3次元の設計図を渡して依頼するのがよいでしょう。

データだけではなく試作品を備えた比較検証を

3dプリンターの登場以降もその技術は向上し、現在は金属製品の作成すら可能になっています。それにより3dプリンターは多くの企業に大きなメリットをもたらしてくれる存在になりつつあるのです。
金属の製品を作成する際の3dデータの重要性は、言うまでもなく多くの人が理解できるでしょう。不具合が出た場合に、実物とデータを比較することで簡単に問題点を発見することができたり、素早く改良することができたりします。3dデータは製作の基礎としてとても利便性の高いものなのです。そしてそのデータを3dプリンターはより有効に活用してくれます。
データに何種類かの変更を加え、それらを互いに比較、検証する際、データのみの場合と実物に近いものがある場合では、判断材料として天と地の違いがあるでしょう。しかし簡単に試作品を製作することも今まではできなかったのです。何種類もの試作品製作を依頼するとなると、それなりに時間とコストがかかるのですから。ですが金属の加工を可能にした3dプリンターの登場によりそれは大きく変わりました。なぜなら3dプリンターの特徴と言えば、簡単なプロセスによる造形とそれにかかる時間の短さ、そしてコストの低さ。つまり試作製作の問題点をすべて解消してくれるからです。
比較、検証時には3dプリンター会社を活用するのはどうでしょうか。試作品が手元にあれば、重要な判断のための大きな要素となるはずです。